カフカ―ス

発行者: 02.09.2021

アヴァール人 ( リンク元 関連ページの更新状況 ファイルをアップロード 特別ページ この版への固定リンク ページ情報 このページを引用 ウィキデータ項目. 祈る人との対話 - 酔っぱらいとの対話 - 街道の子供たち - ペテン師の正体 - 突然の散歩 - 腹をくくること - 山へハイキング - ひとり者の不幸 - 商人 - ぼんやり外を眺める - もどり道 - 走りすぎていく者たち - 乗客 - 衣服 - 拒絶 - 持ち馬騎手のための考察 - 通りの窓 - インディアン願望 - 樹木 - 不幸であること - リヒャルトとザームエル - 大騒音 - 判決 - 火夫 - 流刑地にて - 掟の門前 - バケツの騎士 - 新しい弁護士 - 田舎医者 - 天井桟敷にて - 一枚の古文書 - ジャッカルとアラビア人 - 鉱山の来客 - 隣り村 - 皇帝の使者 - 家父の気がかり - 十一人の息子 - 兄弟殺し - 夢 - ある学会報告 - 最初の悩み - 小さな女 - 断食芸人 - 歌姫ヨゼフィーネ、あるいは二十日鼠族.

母語とする言語によってコーカサスの主要な民族を分類すると以下のようになる [3] 。. 案内メニュー 個人用ツール ログインしていません トーク 投稿記録 アカウント作成 ログイン. 戦後は代表作『変身』を始めとして多数の翻訳が出ており、 年 (昭和28年)にはブロート版全集を底本とした『カフカ全集』が 原田義人 、 高橋義孝 、 山下肇 らの訳によって刊行(3巻。巻は年)、 年 (昭和56年)からはブロート版全集第3版を底本とした全11巻の全集が新たに刊行された。これらに伴って研究者による作家論や、海外の研究書の翻訳なども多くなされている。. メインページ コミュニティ・ポータル 最近の出来事 新しいページ 最近の更新 おまかせ表示 練習用ページ アップロード ウィキメディア・コモンズ. 舞台作品としては、年に アンドレ・ジッド 脚色、 ジャン=ルイ・バロー 演出による『審判』が パリ で上演されたのを始め、 ペーター・ヴァイス による『審判』の翻案、 スティーヴン・バーコフ による『変身』『審判』の翻案など多数の例がある。日本では 別役実 による『変身』『審判』「門」「断食芸人」などの翻案や、 松本修 による『アメリカ(失踪者)』『城』『審判』の翻案など。また ケラリーノ・サンドロヴィッチ により、カフカの伝記に創作を交えた戯曲『カフカズ・ディック』(年)、未完の3長編を再構成しカフカ本人のエピソードや現代の物語なども織り込んだ『世田谷カフカ ~フランツ・カフカ「審判」「城」「失踪者」を草案とする~』(年)が上演された。.

Eine 貴方へのブラックバカラ, S. グルジア人 (

[67] 218 [68] [69] [70] .

  • 宗教的・神学的解釈 :カフカに対して初期に宗教的解釈を行っているのは マックス・ブロート 、 ヴィリー・ハース らである。ブロートはカフカの生前に発表したカフカ論「カフカについて」(年)ですでに作品のユダヤ的特性を強調しているが、のちにはカフカを ユダヤ教 と強く結びつけ、『審判』と『城』には カバラ における 神性 の2つの現象形式である審判と恩寵がそれぞれ描かれていると見なした(『城』あとがき)。ブロートはこのような自身の解釈に従ってカフカの遺稿を整理し編集しており、このことが後の研究で批判・再検討の対象となった。ブロートとともにカフカ全集の編集にも携わったヴィリー・ハースは『カフカ論』(年)において、ブロートの解釈を踏まえつつ、カフカが先史的な世界を現代に見出す能力や、機械のように精密な夢の世界を作り出す能力を持つ点を指摘した。.
  • 主要 宗教 は、アゼルバイジャンは イスラム教 ( シーア派 が多数)、アルメニアは キリスト教 アルメニア使徒教会 、ジョージアはキリスト教 グルジア正教会 である。.

虫に変身する恐怖。不条理な悪夢そのもの『変身』

司法研修を終えたカフカは、母方の叔父アルフレートに推薦を頼み、 年 10月にイタリアの保険会社「アシクラツィオーニ・ジェネラリ(一般保険会社)」のプラハ支店に入社した。しかし、この伸び盛りの総合保険会社では、毎日10時間の勤務に加え、時間外労働と日曜出勤も加わる等の過酷な労働を強いられた。その為、入社数ヶ月で別の職場を探し始めている。 年 8月、有力者であったマックス・ブロートの父親に推薦を頼み、プラハ市内にある半官半民の「労働者傷害保険協会」に職場を移した。この職場では勤務時間が8時から14時までで昼食を取らずに働くという、当時の ハプスブルク家 の官僚体制で「単一勤務」と呼ばれていたシステムを取っていた。その為、残った午後の時間を小説の執筆に当てる事が出来た。入社に先立って、プラハ商業専門学校で労働者保険講座を受けている。この時の講師の一部は、労働者傷害保険協会の幹部であり、入社後にカフカの上司となった。この頃、事故による保険金支払いを抑制する為に、現在、工事現場等で使われている安全 ヘルメット を発明した。.

オペラ作品では 美男美女夫婦 子ども による『審判』(年初演)、 ハンス・ヴェルナー・ヘンツェ によるラジオ・オペラ『村医者』(年)や、 フィリップ・グラス 作曲による『流刑地にて』(年初演)などがある。これ以外にも ダンス や一人芝居など、様々なかたちで舞台化が試みられている。. 案内メニュー 個人用ツール ログインしていません トーク 投稿記録 アカウント作成 ログイン. しかしフェリーツェの家族に会う等して結婚が現実味を帯びてくると、カフカは交際に躊躇する様になり、次第にフェリーツェとの間に溝が出来る様になった。こじれかけた仲を取り持つ為、フェリーツェの友人 グレーテ・ブロッホ が仲介に入ると、カフカはフェリーツェよりも彼女に向けて多数の手紙を書く様になった。 年 6月、フェリーツェと正式に婚約が交わされ、双方の親と共に新居の準備が進められた。しかし結婚によって執筆が妨げられるという不安が消えず、7月12日、ホテル「アスカニッシャー・ホーフ」にてフェリーツェ、グレーテと会談し、婚約を解消する [注釈 鋼鉄のレギオス 動画 。尚、この後もグレーテと頻繁な文通があり、一時親密な関係にあったと推測されている [注釈 12] 。.

カフカの生前の名声はささやかなものではあったが、(主に同業者等の)少数の読者に注目されており、決して無名の作家だった訳ではない [] 。カフカについての公刊された最も早い評は友人 マックス・ブロート によるもので、 年 2月にベルリンの雑誌『現代』にて、著作家・編集者 フランツ・ブライ と同じ傾向を持つ作家として ハインリヒ・マン 、 フランク・ヴェーデキント 、 グスタフ・マイリンク と共にカフカの名を挙げた。この時カフカは知人の前で作品を朗読していたのみで、まだ出版物には1作も発表していなかった [] 。.

[] 20 [] カフカ―ス. PDF. [ 31]. : カフカ―ス 20. 453 [63] [64] [ 22] [66] .

関連語をあわせて調べる

カフカの遺稿は長編も含めて断片的なものも多く、これらはブロートが自身の解釈に従って編集・再構成を行なっている。ブロートは当時カフカの遺稿のほとんどを独占し、原本の公開の求めにも応じなかった為、研究者から批判の声が上がっていたが [] 、 年 に草稿の大部分が オックスフォード大学 のボードレイアン図書館に移される事になり、同大学のドイツ文学研究者 マーコム・パスリー が中心となって手稿研究が行われ、その後20年を経て 年 より手稿版全集(「批判版」とも)が刊行された [] 。 年 から刊行された歴史校訂版全集(「史的批判版」とも)は紙本とCD-ROMから成り、紙本では見開きの一方にカフカ直筆の手稿の写真、もう片方にカフカ自身の訂正や抹消も含めた全ての記述を忠実に活字化したものが掲載されている。.

カルトヴェリ系 グルジア人. 名前空間 ページ ノート. カバルド人 アバザ人.

[67] 218 [68] [69] [70]. [85] ABC [86] .

荘子とカフカと中島敦。

カルトヴェリ系 グルジア人. 名前空間 ページ ノート. ジョージアは南西部 アジャリア 、北西部 アブハジア の2自治共和国と北東部の 南オセチア を含むが、アブハジアと南オセチアはジョージア政府の統制がまったく及ばず、独立状態となっている。. チュクチ人 ゴッドイーター レイジバースト バレット 最強 コリャーク人 アリュートル人 イテリメン族.

ハンティ人 マンシ人 マジャル人 コミ人 ウドムルト人 マリ人 モルドヴィン人 サーミ人 カレリア人 ヴェプス人 イジョラ人 リーヴ人 ヴォート人 イングリア・フィン人 フィン人 エストニア人. 精神分析的解釈 :精神分析的解釈の代表的なものは ヘルムート・カイザー の『フランツ・カフカの地獄』(年)であり、カイザーはここで『変身』や「流刑地にて」などの作品を、父に対する息子の エディプス・コンプレックス が表れた作品として論じている。 新フロイト派 の エーリヒ・フロム は『夢の精神分析』(年)で『審判』を取り上げ、この作品を心理的事実が表れた一つの夢として読むべきだとした。また精神分析の発想を応用しているものとして ジョルジュ・バタイユ のカフカ論(『文学と悪』所収、年)があり、ここでは ジークムント・フロイト の快感原則の理論などを踏まえつつ、父親の権威が支配する世界に対して小児的な幸福を追求した者としてカフカを論じている。.

  • 結核を発症したカフカは 年 9月に長期休暇を取り、療養の為、妹のオットラが農地を借りていた小村チェーラウに移り、ここに8ヶ月間滞在した。チェーラウではチェコ語やフランス語の本を多く読み、 キルケゴール の自伝的著作に親しんだ。また、 ヘブライ語 の勉強も、この時期に始めている。10月末からはノートに一連の アフォリズム 風の短文を書き始めており、これはカフカの死後、ブロートによって『罪、苦悩、希望、真実の道についての考察』の題で刊行された。日中は散歩や日光浴を楽しみ、ここでの田舎生活は後に書かれる『 城 』に反映される事になった。妹オットラと共に過ごしたチェーラウでの8ヶ月間を、カフカは後に「自分の人生で最もやすらぎに満ちていた時」と述べている。.
  • カフカは年から年まで、プラハ市内の「労働者傷害保険協会(正式には「ボヘミア王国労働者傷害保険協会プラハ局 [47] 」)」に勤めていた。主な仕事は諸企業の傷害危険度の査定、分類と、また、企業側から行われる、分類に対する異議申し立て訴訟の処理であり、カフカは当時チェコで最も工業化が進んでいた北ボヘミアの ライヒェンベルク と ガブロンツ を担当し、しばしば数日がかりの出張や工場視察も行なった [48] 。後には特に木材部門での事故防止にも従事しており、木工機械の事故防止の為の詳細な図解入りのマニュアルがカフカの手によるものとして残っている [49] 。.
  • この地域には人類が古くから住みついていたことが分かる証拠として、 紀元前 年ごろの金属器が発見されている。また、紀元前年ごろからの マイコープ文化 や クラ・アラクセス文化 ( 英語版 ) (紀元前年)の遺跡が発見され、大変多くの金属器が出土し、銅石器や 青銅器文化 であったことが分かった [4] [5] 。 古代には南コーカサスにアルメニア人、グルジア人の キリスト教 文化が栄え、北コーカサスでは アゾフ海 東岸・ カスピ海 西岸の草原地帯で興亡した キンメリア 、 スキタイ 、 フン 、 アヴァール 、 ハザール など イラン系 ・ テュルク 系 遊牧民 の国家の支配下にあった [ 要出典 ] 。山岳地帯では先住のコーカサス諸語の話し手たちが居住しており、イラン系やテュルク系の人々と交じり合って文化的・人種的影響を受けつつ独自で多様な言語と文化を保った。.
  • 以上の様な作品の主人公達には、しばしばカフカ自身を思わせる名前が付けられており、生前のカフカ自身も自作に対して、その様な分析を行なっていた [95] 。例えば「田舎の婚礼準備」の主人公ラバン Raban はドイツ語の「カラス Rabe 」を思わせ、チェコ語でコガラスを意味するカフカ Kafka に通じ、また、両者は母音、子音の並びの規則が同じである。この母音と子音の並びは『変身』の主人公グレゴール・ザムザ Samsa や「判決」主人公ゲオルク・ベンデマン Bende-mann にも共通する。『審判』のヨーゼフ・K、『城』のKは共にカフカ自身の名と共通する頭文字である。.

[35]. : GND LCCN NKC.

不条理作家の名を欲しいままにしたカフカ

ジョ-ジア人 ( 典拠管理 NARA : NDL : VIAF : WorldCat Identities : viaf スペイン語圏では アルゼンチン の ホルヘ・ルイス・ボルヘス が早くからカフカに注目しており、年に『変身』ほか数編の作品の翻訳を行っている。後述するようにボルヘスの翻訳はラテンアメリカ文学のブームに大きな意味を持った。このほかポーランドでは「ポーランドのカフカ」とも言われる ブルーノ・シュルツ が 年 に『審判』の翻訳を行っている。. GND :

[ ナガセスッポン [8] [9] 32 [ 5] 523 [11] .


Facebook
Twitter
コメント
Mitsuko 02.09.2021 18:39 答える

この年、11月にブロートが友人を亡くした事をきっかけに彼との仲が深まり、年から年にかけてはブロートと連れ立って北 イタリア 、 パリ 、 ヴァイマル 等へ頻繁に旅行をしている。 年 にマックス・ブロートと彼の弟オットー・ブロートと3人で北イタリアへ旅行へ行った際には、その途上で ブレシア の町の飛行機ショーを見物した。カフカは、この体験を元にルポルタージュ「ブレシアの飛行機」を執筆し、日刊紙『ボヘミア』9月26日朝刊に掲載している。これは飛行機についてドイツ語で書かれた最も早い文章の一つである [22] 。. カフカは表面的には一介の保険局員として生涯を送ったが、早くからカフカの才能に注目していたマックス・ブロートに引き入れられてプラハの文壇での付き合いもあった。カフカと面識のあった作家には フランツ・ヴェルフェル [77] 、 ヤロスラフ・ハシェク [78] 等がいる。.

Yoichi 04.09.2021 05:48 答える

ジョージア より(宣言) 年.

Takara 07.09.2021 23:50 答える

晩年は年少者の人の相談や対話の相手をする事も多く、年にサナトリウムで出会った少女ミンツェ・アイスナーとは死の年まで文通が続いた [33] 。年には職場の同僚の息子で作家志望の青年であった グスタフ・ヤノーホ と知り合い、後々まで彼の対話の相手となった。ヤノーホは後に、この体験を回想して『カフカとの対話』(年)を執筆し、後のカフカ受容に影響を与える事になる。年からは16歳年下の医学生ロベルト・クロプシュトックとも親しくなり、作家に憧れて進路に悩んでいた彼の相談相手になった [34] 。. 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』.

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2015-2021 synbiont.org 権利留保
このサイトへのアクティブなリンクを使用する場合、コピーと引用が許可されます.